【Windows】Windows10で言語バーを表示するには

Windows10では、言語バーがアイコンでシンプルに表示されていますよね。

入力モードのボタンのみ「A」や「あ」などと表示されます。

 

以前からWindowsをお使いの方にとっては、何となく物足りない・・・みたいな感じはないでしょうか。

私も最初はそうでした。(今は慣れましたが)

 

Windows10では初期状態がこのアイコン表示なのです。

しかし、設定を変更すれば以前のように「言語バー」として他のアイコンも表示することも可能です。

 

今回は、Windows10で言語バーを表示する方法についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

Windows10で言語バーを表示

表示の種類は2つ

言語バーの表示の仕方は2種類あります。

 

  • タスクバーに固定表示

他のアイコンも一緒にタスクバーに固定された状態で表示されます。

 

  • デスクトップにフロート表示

デスクトップ上に表示され、移動することもできます。ちょっと懐かしい感じです。

 

右クリックで選択も可能

表示方法をご紹介する前に、ひとつご案内を。

現在表示されているアイコンを右クリックするとメニューが表示されます。

 

言語バーを表示しなくても、メニューから「単語の登録」や「IMEパッド」などが選択できます。

なーんだ、右クリックできるなら、わざわざ表示しなくてもいい♪

という方もいらっしゃるでしょう。

 

いやいや、やっぱり言語バーは表示したい!という方はぜひ読み進めてくださいね。

 

言語バーを表示するには

では、言語バーを表示する方法をご説明しますね。

 

「スタート」→「設定」をクリックします。

 

この「Windowsの設定」を表示するショートカットキーもご紹介しておきますね。

「Windows」キー+「i」キーです。

Windowsの設定:「Windows」+「i」

 

「Windowsの設定」画面が表示されたら、「デバイス」をクリックします。

 

画面左側から「入力」をクリックします。

 

「入力」の画面に変わったら「キーボードの詳細設定」をクリックします。

 

「キーボードの詳細設定」の画面に表示されます。

 

「入力方式の切り替え」の「使用可能な場合にデスクトップ言語バーを使用する」に✔を入れます。

✔を入れたらその下の「言語バーのオプション」をクリックします。

 

「テキストサービスと入力言語」の画面に変わります。

「言語バー」タブになっていることを確認してくださいね。

 

「言語バー」について以下の3択が表示されています。

  • デスクトップ上でフローとする
  • タスクバーに固定する
  • 表示しない

 

「デスクトップ上でフロート表示する」を選択して「OK」した場合

 

「タスクバーに固定する」を選択して「OK」した場合

 

「表示しない」を選択して「OK」した場合

 

 

Windows10の言語バーの表示方法については以上です。

私個人的には、Windows10の使い始めは「タスクバーに固定」をしていました。

しかし、最近ではアイコン表示にして必要な時には右クリックしてメニューを表示して使っています。

何事も慣れなのでしょうね~

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク