【Windows】写真のExif情報を消す~撮影場所はバレている

働く女子の皆さん、仕事やプライベートで写真を撮る毎日・・・ちょっと知っておいて欲しいことがあります。

デジカメやスマホで写真を撮った時に、映った写真以外にもいろんな情報が保存されていることをご存知でしょうか?

デジカメやスマホで撮影した写真は、撮影した機器や位置情報が自動的に追加されるのです。

カメラのメーカーやモデル名、撮影モード、撮影日時、さらにGPS 搭載のデジカメやスマホで撮影した場合は位置情報まで保存されます。

 

 

旅行中にたくさん撮った写真を見返したとき、この写真ってどこで撮ったっけ?ということがありますが、そんな時に位置情報が出てくるのはとっても便利です。

 

その反面、位置情報が付いた写真をFacebookやInstagramなどのSNSやブログにアップする時には、ちょっと注意が必要かもしれませんね。

メールに添付して送った場合にも、送った相手がその写真の情報を確認したら撮影場所や日時が分かってしまいます。

 

分かっていいの…分かってほしい!という場合はどうぞそのまま送ってください♪

いや、それは困る…話のつじつまが合わなくなるから…という事情をお持ちの方…も多々いらっしゃるかと思います。

 

 

ご安心ください。Windows10では、そんな写真の情報を消すことができるんです。

この記事をよ~くご覧いただき参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

Exif情報ってなに?

Exif(イグジフ:Exchangeable image file format)情報、あまり馴染みのないコトバかもしれませんね。

ザックリ言うと、デジカメやスマホで撮影したデジタル写真の位置情報やカメラの情報のことです。

 

Exif情報の確認方法

Windows10では、写真のExif情報を簡単に確認、削除することができます。

まずは確認する方法からご紹介しますね。

 

写真を右クリック→「プロパティ」をクリックします。

 

プロパティが表示されたら「詳細」タブに切り替えてましょう。

 

下へスクロールして確認してみましょう。

撮影日時やカメラのモデルなど色々な情報がでてきますね…

 

緯度・経度も表示されています。

緯度・経度が分かれば住所がわかりますから、自宅で撮影した場合には自宅の住所が分かってしまうということになります…。

 

 

Exif情報の削除方法

では、この写真のExif情報を消す方法をご紹介します。

 

ファイルのプロパティの左下にある「プロパティや個人情報を削除」をクリックします。

 

「プロパティの削除」画面が表示されます。

「このファイルから次のプロパティを削除」の方にチェックを入れます。

 

続いて、削除したいプロパティにチェックを入れます。

すべて削除したい場合は、「すべて選択」をクリックしましょう。

選択ができたら「OK」をクリックします。

 

写真のプロパティをみると、撮影日時やカメラの情報が消えていることがわかります。

 

GPSという欄が削除されていますので、緯度経度情報も消されていることが分かります。

これで一安心です。

 

知識をしっかり身に着けて、パソコンは便利に使っていきましょうね。

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク