【Excel】ファイル内の複数シートを並べて表示~同時スクロールも

  • 2019年7月9日
  • Excel
  • 0件

Excelでファイルに複数のシートがあってそれを並べて見比べたい時ってありませんか?

例えば、年度別にシートが分かれている売上表。

シートを切り替えながら見るよりも、2つや3つ並べて全体を見比べたいですよね。

今回は、1つのファイルの中の複数シートを並べて表示する方法についてご説明します。

スポンサードリンク

ファイル内のシートを並べて表示する

2016年度から2018年度までの3年間の売り上げファイルがあります。

ファイルの中には、それぞれの年度でシートが分かれて存在しています。

1つのファイルの中に、3枚のシートがあるわけです。

 

その3枚のシートを、このように並べて表示することができるのです。

 

こうすると、3つを見比べたり、一つのシートを見ながら他のシートに入力するという作業がしやすいので、作業効率が上がりそうですね。

 

では、始めましょう!

 

まずファイルを開きます。

  • ファイル名:年度別売上
  • シート:「2016」「2017」「2018」の3枚

を確認してください。

 

新しいウインドウとして開く

並べて表示する下準備として、3枚のシートをそれぞれ新しいウインドウとして開きます。

「表示」→「新しいウインドウを開く」をクリックします。

 

ウィンドウがもうひとつ開きましたね。

ファイル名が「年度別売上.xlsx:2」と表示されていることを確認してください。

これは「1つのファイルを2つのウインドウで開いていて、その2つ目のウインドウですよ」という意味です。

 

では、同じようにもう一度「表示」タブ→「新しいウインドウ」で3つめのウインドウを表示しましょう。

 

3つのウインドウが表示されました。

いよいよ、これをに並べて表示します。

 

「整列」で並べて表示

「表示」タブ→「整列」をクリックします。

 

「ウインドウの整列」画面が表示されます。

「左右に並べて表示」をクリックして「OK」をクリックしましょう。

このファイル以外にもファイルを開いていたら、そのファイルも並べて表示されます。今作業中のファイルのシートのみを整列させたい場合には「作業中のブックのウインドウを整列する」にチェックを入れておきましょう。

 

3つのウインドウが左右に並べて表示されました。

 

今は、すべてのウインドウで「2016」シートが表示されていますのでシートを切り替えましょう。

どうでしょう?作業効率が上がりそうではないでしょうか!

 

整列の種類は4つ

ちなみに、整列の種類の中の「並べて表示」を選んだら下ような表示になります。

「左右に並べて表示」との違いを確認してください。

この「並べて表示」という整列方法は、3つ以上のウインドウを並べたときに有効です。

 

■並べて表示

 

その他、「上下に並べて表示」、「重ねて表示」があります。

 

■上下に並べて表示

 

■重ねて表示

 

 

2つのウインドウを同時にスクロール

同時にスクロールできるのは2つ

「並べて比較」という機能を使えば、並べて表示したウインドウを同時にスクロールすることもできます。

ちなみに、この「並べて比較]機能は、2つのウィンドウを並べて同時にスクロールできるようにする機能なので、3つ以上のウインドウを同時にスクロールさせることはできません。

 

3つ以上のウィンドウを開いている時には、現在表示しているウィンドウと、もう1つはどのウィンドウを比較しますか?という選択画面が表示されます。

 

「並べて比較」で同時にスクロール

では、2つのウインドウを同時にスクロールしてみましょう。

 

まず、2つのウインドウを並べて表示しておきます。

 

「表示」タブ→「並べて比較」をクリックします。

 

「並べて比較」ボタンが「オン」の状態になりました。

同時にその下にある「同時にスクロール」ボタンも「オン」になっていますね。

 

では、スクロールしてみてください。同時にスクロールしますか~?

 

今回は以上です。

支店別や店舗別にシートをわけて管理することはよくありますよね。

そんな時に、比較してみたいとき、片方を見ながらもう片方に入力したいとき等に使うと便利ですよ。

ぜひお試しください!

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク