【Excel】目的の関数まで瞬間移動~差が付く時短テクニック

Excel女子の皆さん、こんにちは!

突然ですが、関数を選択するときにはどうしていますか?

例えば「TEXT関数」を使いたい場合

 

「関数の挿入」ボタンをクリックして

 

「関数の挿入」画面の「最近使用した関数」に「TEXT関数」がない。

 

「すべて表示」に切り替えて、「TEXT」までスクロールしていますか?

 

スポンサードリンク

目的の関数に瞬時に移動するには

「関数の分類」を「すべて表示」にした後、目的の関数にパパッと移動する方法があります!

 

「すべて表示」では、Excelのぜんぶの関数がAから順番に表示されます。

「TEXT」は「T」なので、結構下までスクロールしないといけませんよね。

 

毎回こうやって関数を選んでいるとしたら、ちょっと勿体ないです。

瞬間移動の方法です↓

 

まず、「関数名」のところに関数がたくさん並んでいるわけですが、

その中のどれでも良いので、ひとつクリックします。

 

 

そして、キーボードから、

探したい関数名の先頭文字を2~3文字入力します。

今回は先頭2文字「te」と入れます。

 

この時、できるだけ素早く!が大事です。

teと素早く入れましょう!

t と打った後に e を入れるまでに間があいてしまうと、
t だけだと思ってしまい、t から始まる関数にジャンプしてしまいます。
この時には必ず日本語入力をOFF「A」の状態で入力してくださいね。

 

先頭2文字を素早く入力!なんて無理~でも大丈夫!

 

1文字「t」だけ入力したら「t」へジャンプします。

 

そこから下へスクロールすれば「TEXT」へたどり着けます。

 

ジャンプできましたか?

TEXTをクリックして「OK」をクリックします。

 

関数の選択ができました。

 

ちょっとしたことですが、こんなことの積み重ねが大事ですね。

 

どうしてあの人いつも資料作りが早いの?

という人をよ~く観察してみると、こういうちょっとしたワザを使っているはずです。

 

意識してどんどん使って覚えていきましょうね!

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク