【PowerPoint】スライドをA4用紙にフチなしで印刷するには

PowerPointはプレゼン資料を作成する一方で、チラシの作成にも活用されています。

PowerPointにはデザインテンプレートがたくさん用意されていますし、文字や図形も扱いやすい。

チラシ作成はWordで作るよりもPowerPointで作っているという方も多いのではないでしょうか。

 

ただ、ここでよくあるご質問。

PowerPointで余白なしでチラシを作成した!良い感じ!

さて印刷しよう♪となった時…あれ?余白がでる…

余白なしでA4に印刷をしたいのに、どうしたらいいのぉ~!

 

スポンサードリンク

PowerPointは余白の設定ができない

例えばこのスライドをA4サイズに余白なし(フチなし)印刷したいとします。

現在スライドのサイズは通常の設定にしています。

 

「ファイル」→「印刷」をクリックします。

「フルページサイズのスライド」となっていますね。

 

右側のプレビュー画面を見てみると、上下左右に余白がありますね。特に上下にはかなりの余白があります。

PowerPointは、スライドのサイズが「ワイド画面(16:9)」に設定されています。

そのため、そのままA4用紙に印刷すると用紙の上下余白が大きくなるというわけです。

 

さらに、PowerPointでは余白の設定ができません。

これは以前からなのです。

ExcelやWordのように余白設定をしようとしても、設定するところが見当たらないですよね。

そもそもPowerPointは「印刷」をするものではなく、画面やプロジェクターなどに投影してプレゼンをするという目的のアプリだからということでしょう。

 

でも、大丈夫です!

スライドのサイズを指定することで、余白を調整することができます。

 

スライドをA4サイズでフチなし印刷するには

スライドのサイズをA4に変更

では、スライドのサイズを変更します。

 

「デザイン」タブ→「スライドのサイズ」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。

 

「スライドのサイズ」画面が表示されたら、▼をクリックして「A4」を選択しましょう。

 

設定ができたら「OK」をクリックします。

 

サイズを変更するので、確認の画面が表示されます。

「サイズに合わせて調整」をクリックします。

 

元の画面に戻ったら、もう一度「ファイル」→「印刷」で印刷プレビューを表示しましょう。

 

先ほどよりもずいぶん余白が小さくなりましたね!

でも、まだ少し余白があります。

PowerPointのテンプレートの背景を白いものにしていればあまり気にならないかもしれませんが、今回のように背景に色のついたものを選んでいると、余白が気になるところです。

 

スライドのサイズを変えると、レイアウトが若干崩れる場合があります。その場合には修正が必要です。

 

プリンタのフチなし設定をする

先ほども説明したとおり、PowerPointでは余白の設定ができません。

ここからは、プリンタ側での設定をします。

用紙の端まで全面印刷するには、プリンタの「フチなし印刷」の設定をします。

 

「ファイル」→「印刷」をクリックすると「プリンタ名」が表示されていますね。

その下の「プリンタのプロパティ」をクリックします。

 

プリンタのプロパティ画面が表示されます。

「フチなし全面印刷」にチェックを入れます。

※プリンターのメーカーによって表現が異なる場合があります。例)四辺フチなしなど

 

このようなメッセージが表示されたら

 

用紙の種類を「普通紙」にしましょう。

 

設定ができたら「OK」をクリックします。

 

画面が戻ったら、「ファイル」→「印刷」をクリックしてもう一度印刷プレビューを見てみましょう。

 

どうでしょうか?

よーく見ると、上下に若干の余白が残っていますよね…

フチなしにしたはずなのに…

そうなんです。実はコレ、よくある質問なのです。

スライドサイズをA4に設定してフチなし印刷をしても、上下に少しだけ余白がでるという悲しい事実…

 

スライドのサイズをユーザー設定に

ここで、ピッタリフチなしで印刷するために、もう一度「スライドのサイズ」を設定します。

 

「デザイン」→「ユーザー設定のスライドのサイズ」をクリックします。

 

「スライドのサイズ」は先ほど設定した「A4」サイズとなっていますね。

これを「ユーザー設定」に変更します。

 

 

幅と高さを以下のように設定して「OK」をクリックしましょう。

  • 幅:29.7 cm
  • 高さ:21 cm

 

この画面が再度表示されたら「サイズに合わせて調整」をクリックします。

 

画面が戻ったら、もう一度「ファイル」→「印刷」をクリックして印刷プレビューを見てみましょう。

どうでしょう!余白ゼロでフチがありませんね。

 

あとは、「印刷」ボタンをクリックして印刷すれば完了です♪

 

最初からA4サイズの用紙に印刷することが分かっていれば、スライド作成を始める時に「スライドのサイズ」を幅「29.7cm 、「高さ」21cmに設定しておくと良いですね。

今回の説明は、ちょっと遠回りがありました。

最初からスライドのサイズをユーザー設定(幅29.7 高さ21)で…という説明をする方が手っ取り早かったかもしれません。

しかし、「スライドのサイズをA4に設定をしていて、フチなし印刷をしても余白が残る」という質問は結構多いんです。

そのため、A4サイズだと余白がでるということを一度確認してもらいたいと遠回りの説明となりました。

 

 

 

関連記事

働く女子の皆さん、PowerPointの配布資料印刷で気になることはないですか? 配布資料印刷とは、一枚の紙に複数のスライドを印刷することが出来る機能です。   「ファイル」→「印刷」とクリックすると表示[…]

関連記事

PowerPointで作成したスライドは、配布資料として印刷することができますよね。 この配布資料、余白の調整がなかなか思うようにいきません。 また、レイアウトも限られています。 [sitecard subtitle=関連[…]

関連記事

パワーポイントでプレゼンといえば、 発表者がスライドを切り替えながら話をしていく…というイメージが多いと思います。   がしかし!パワーポイントには、 発表者がいなくてもスライドショーを自動で繰り返[…]

 

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク