【Word】文字が微妙に揃わない!そんな時はタブをマスター

  • 2019年5月29日
  • Word
  • 0件

ワードで何が嫌だって、空白を入れたりすると文字が微妙に揃わない時がある。

半角でもなく、ほんのちょっとズレるのがイライラ・・・

だから文書もエクセルで作ってる。

なんてお声を聞きます。

いやいや、ちょっと待ってください。

ワードの「タブ機能」をマスターすればそんな悩みはすべて解決しますから。

 

ワードで間をあけたい時どうしていますか?

 

スペースキーを押して空白を入れて間をあけている方をよく見かけますが、時々ほんのちょっとだけズレたりしませんか?

半角分または半角までもいかないくらいのズレ。もーこれだからワードは嫌いなのよ・・・。

そんな方にはぜひ「タブ」機能をマスターしてください。

ズレずにピシャッと揃って気持ちがいいですよ!

 

スポンサードリンク

タブの種類

まずは、タブについての説明から。

タブは、キーボードの「Tabキー」を利用して、文字列を配置する位置を揃える機能のことです。

 

タブには揃える位置によって、4種類があります。

・左揃えタブ

・中央揃えタブ

・右揃えタブ

・小数点揃えタブ

 

こんな感じで、揃える位置が変わります。

 

中でも一番良く使われるのが、「左揃えタブ」。

今回はこの左揃えタブの使い方を、Word2016を使用してご説明します。

 

左揃えタブを設定

タブを使用するには、「ルーラー」が表示されている必要があります。

画面の上の部分にある、数字が表示された目盛りのような部分です。

表示されていますか?

 

もし、表示されていない場合は、以下の手順で表示してみましょう。

「表示」タブをクリックして、「ルーラー」の□をクリックしてチェックマークを入れます。

表示されましたか?

では、次に以下のように入力します。

この時、間に空白を入れずに詰めて入力して下さいね。

次に、タブの設定をします。どこに揃えたいかということです。

まずは、範囲選択します。

タブの種類を確認しておきます。

画面の左上部分で、マークが「L字型」になっていれば「左揃え」タブになっています。

もし、L字型以外のマークになっていない場合は、

マークの上を「L」の形に変わるまでクリックして変更しておきましょう。

 

左揃えタブのマークの確認ができたら、

ルーラー上の揃えたいところ(数字の上)をクリックします。

クリックした場所にL字マークが表示されます。(今回は10のところ)

 

※ここではマークをつけるだけです。まだ画面上は何も変化しません。

※ルーラー上を何度もクリックしてしまってL字マークがいくつかついてしまった場合は、L字マークをつかんで下方向へ(文書の方へ)ググッとドラッグしてください。

L字マークが削除されます。

 

では、揃えていきます。

揃えたい文字の先頭をクリックしてカーソルを移動しておきます。(今回は「令」の左をクリック)

カーソルが移動したら、キーボードの「Tabキー」を押します。

 

 

先ほど設定した場所(L字マークをつけた10のところ)に文字が移動しましたね。

 

他の行も同様にTabキーを押して設定してみましょう。

 

完成です!いかがですか?これなら必ず揃って気持ちいいですよね♪

 

タブの位置を変更

揃えたい位置を変更したい場合も簡単です。

まずは、全体を範囲選択しておきます。

ルーラーのL字マークをつかんでドラッグして移動してみましょう。

 

 

簡単に移動出来ました。

 

リーダーの設定

今度は、タブとセットで使いたい「リーダー」という機能をご紹介します。

リーダーを使うと、さらにこのようになります。

・・・が入るということです。自分で「・」を入力していかなくても自動で入るんです。

やってみましょう!

 

リーダーを入れたい部分を範囲選択します。

「ホーム」タブの「段落」グループの右下にある矢印部分をクリックします。

 

段落についての設定画面が表示されました。

左下にある「タブ設定」ボタンをクリックします。

 

「タブとリーダー」の設定画面が表示されました。

下の方にあるリーダーのリストの中から選択し「OK」をクリックします。

 

リーダーが設定されました。

 

自分で・・・を入力しなくても良いのですよ~

タブを使うときには、是非一緒に使ってみてくださいね。

 

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク