【Excel】「令和1年」を「令和元年」と表示~条件付き書式を活用

「平成」から「令和」が変わり、Excelも令和対応となっていますが、

日付の表示が「令和1年」となりますよね。

「1年」ってなんとなく違和感…令和元年にしたい。

という方もいらっしゃるのでは?

今回は、「令和1年」を「令和元年」と表示される方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

令和に対応している?

まず、今お使いのExcelが令和に対応してるかを調べましょう!

 

セルの書式設定で確認

4月30日から5月にかけて連続の日付を入力します。

 

入力した日付を範囲選択します。

 

「セルの書式設定」を表示します。

右クリックでもいけますが、働く女子はスマートに

ぜひショートカットキーを使いましょう!

 

「Ctrl」+「1」キー  セルの書式設定

 

「セルの書式設定」画面が表示されました。

「分類」は「日付」を選択します。

右下の「カレンダーの種類」は▼をクリックして「和暦」を選びます。

 

「和暦」に変わったら「種類」の中から

「平成24年3月14日」と表示されているものを選択して「OK」をクリックします。

 

和暦に変わりました。

「令和1年」という表示になっていますね。

 

「Office更新プログラム」の配布は順次行われているので、基本は「自動更新」されるのを待っているだけで「令和」の表示はできるようになります。

 

令和1年を令和元年に

では、この「令和1年」を「令和元年」と表示されるようにしていきます。

 

条件付き書式とは

令和1年を令和元年に変えるのですが、今回は「条件付き書式」を利用します。

そもそも「条件付き書式」ってご存知ですか?

 

ザックリ説明すると

 

【こういう条件のときは】【こんな書式にしてね】

 

という機能です。ザックリすぎますか…?

 

 

今回の件に置き換えると、

 

【令和1年5月1日から令和1年12月31日までの日付だったら】【令和元年〇月〇日という書式にしてね】

 

ということになります。

 

OKでしょうか?

では、操作に入りますね。

 

条件付き書式を設定

日付のセル範囲を選択して「ホーム」タブをクリック

 

「ホーム」タブの右側にある

「条件付き書式」→「セルの強調表示ルール」→「指定の範囲内」をクリックします。

 

ここで、条件と書式を設定します。まずは条件の設定から。

設定したい条件としては、

日付が「令和1年5月1日」から「令和1年12月31日」の範囲なら

ですね。

ということで、以下のように、

「令和1年5月1日」と「令和1年12月31日」と入力します。

 

日付を変更する際、カーソルを動かすために、キーボードの「←」や「→」の矢印キー押すと、カーソルの移動ではなくセル番地が表示されてしまいます。ここは面倒ですが、矢印キーを使わずにマウスでクリックして入力しましょう。

 

「表示形式」タブを選択します。

「分類」は「ユーザー定義」を選択します。

「種類」の欄に

「”令和元年”m”月”d”日”」

と入力して「OK」をクリックします。

 

「令和1年」が「令和元年」に変わりました!

 

条件付き書式の解除

元の表示に戻したい場合は、条件付き書式をクリアすればOKです。

 

解除したい範囲を選択して「ホーム」タブをクリック

 

「ホーム」タブの右側にある

「条件付き書式」→「ルールのクリア」→「選択したセルからルールをクリア」をクリックします。

 

R1をR元に

少数派かもしれませんが、書式の好みは人それぞれ。

ある時上司から、「R1.5.1」を「R元.5.1」にしておいて

と頼まれることもあるかもしれません。

そんな時にも速攻笑顔で対応できるように、ご紹介しておきますね。

 

 

では、変更します。途中までは先ほどの手順と同じです。

まず、範囲選択をして

 

「セルの書式設定」を表示します。

先ほどご紹介のとおり、ショートカットキーを使いましょう。

 

「Ctrl」+「1」キー  セルの書式設定

 

「セルの書式設定」が表示されたら、

「表示形式」タブの「分類」を「日付」にして

「カレンダーの種類」を「和暦」にします。

「種類」から「H24.3.14」を選択して「OK」をクリックします。

 

表示形式が変わりました。

 

では「R1」を「R元」に変更しましょう。

変更したい範囲を選択します。

 

先ほどと同様に、

「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「セルの強調表示ルール」→「指定の範囲内」

 

「R1.5.1」「R1.12.31」と入力して、「ユーザー設定の書式」を選択します。

 

「表示形式」タブ→「分類」:「ユーザー定義」

「種類」の欄に

「 ”R元.”m.d 」

と入力して「OK」をクリックします。

 

表示が変わりました!

 

見た目の好みは人それぞれですが、

どんなオーダーがきてもササっと対応できるスマート女子になりましょう!

 

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク