【Excel】絶対参照と相対参照って何ですか?わかりやすく♡

働くエクセル女子の皆さん、絶対参照を理解していますか?

「あーあの$がついたやつですよね?」

「見たことあるけど実はよく分かっていないんです」

そんな女子はぜひこの機会にマスターしておきましょう!

これからまだまだなが~いエクセルライフには必須ですよ♪

 

相対参照と絶対参照の違いをザックリ言うと

  • 相対参照:式をコピーしたらセル番地がズレる
  • 絶対参照:式をコピーしてもセル番地がズレない

の違いです。

 

スポンサードリンク

相対参照ってなに?

まずは「相対参照」から説明しますね。

 

下の表をご覧ください。

「ブレンド」の「金額(セルD3)」には

単価(B3)*数量(C3)という数式が入っています。

 

この数式を下方向へコピーします。

セル「D3」をクリックして、マウスポインタをセルの右下に持って行き

黒十字の形に変わったら下へドラッグします。

 

式がコピーされて結果が表示されました。

 

コピーされた数式をみてみましょう。

「カフェオレ」の「金額(セルD4)」の数式は、

「=B4*C4」 となっていますね。

 

「フラペチーノ」の「金額(セルD5)」の数式は、

「=B5*C5」 となっています。

 

このように、通常は数式をコピーすると

コピーした行や列に応じて、セル番地がズレます。

今回は下方向へコピーしたため、行番号がズレていますね。

 

これが相対参照です。

相対的なセルの位置関係がコピーされるということです。

 

絶対参照ってなに?

では、続いて絶対参照ってどうなのでしょう。

 

下の表をご覧ください。

「Excel基礎」の「割引額(セルC5)」には

「受講料(B5)*割引率(C2)」という数式が入っています。

 

この数式を下方向へコピーします。

セル「C5」をクリックして、マウスポインタをセルの右下に持って行き

黒十字の形に変わったら下へドラッグします。

 

式がコピーされて結果が表示されました。

 

あれれ…エラーになりましたね。

数式を見てみましょう。

 

ひとつ下のセル「C6」の数式を見ると

「=B6*C3」と表示されています。

プレゼンの受講料の割引額を出したいので「B6」は良いのですが、

問題は次です。

割引率をかけたいので、「C2」をかけたいのですが「C3」となっています。

 

通常、数式のコピーは先ほどご説明した「相対参照」となりますので

=B5*C2 をコピーするとセル番地がズレて

=B6*C3 となるわけです。

 

でも、ここでは「C2」の方はずらしたくない!

さて、どうしましょう。

 

仕方なく、ひとつずつセル番地を修正していきますか?

ま、まさか…。

 

そんな時に使うのが「絶対参照」です。

「絶対」と名の付く通り、「絶対」ズレません(笑)

 

ズレてほしくないセルの方を「絶対参照」とすれば

式をコピーしてもセル番地がズレません。

 

では、先ほどの数式を絶対参照を使った式に変更します。

 

せっかく式を入れましたが、すべて消します。

数式を入力したセルC5からC7をドラッグしたら、

キーボードの「Delete」キーを押して消しましょう。

 

気を取り直して、もう一度数式を入力しますね。

セルC5をクリックします。

 

  • =を入力
  • セルB5をクリック
  • *を入力
  • セルC2をクリック

ここまで良いですか?

 

問題はここから!

「C2」をズレないようにしたいので、絶対参照にします。

ここでキーボードの「F4」キーを押してください。

 

「C2」が「$C$2」と変わりましたか?

$が2つ付きましたね。

では「Enter」キーを押して確定しましょう。

「$」が2つではなく1つしかついていない場合は、「F4」キーを何度か押してしまった可能性があります。でも大丈夫です!「$」は「F4」キーを押す回数によって1つ付いたり2つ付いたり、また付く場所が変わったりします。続きを見てくださいね。
「$」は直接入力してもかまいません。「F4」キーを使うと簡単に入力できます。

 

では、下方向へコピーしましょう。

 

今度はエラーにならずに正解がでました!

 

数式を見てみると、

「B4」は「B5」、「B6」とズレていますが、

「$C$2」の方は、ズレていませんね。

 

これが「絶対参照」です。

 

ちなみに、「F4」キーを押す回数によって固定される場所が異なります

 

今回のように、数式をコピーした時にズレないようにするには、

2つとも$マークが付いている必要があります。

つい何度か押してしまって$が1つになっても慌てずに

何度か押していけば大丈夫ですよ♪

 

絶対参照と相対参照って

ネーミングがなんだか難しいそうで、ここでもう挫折…

という方も多いかもしれませんが、

よくよく考えたら理解できるので、頑張りましょう♪

 

そして、関数を利用する際には、

範囲を絶対参照するケースが大変多いので、しっかりここで理解しておきましょうね。

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク