【Excel】Ctrl+ドラッグでシートを丸ごとコピーして時短

  • 2020年4月12日
  • Excel
  • 0件
  • 支店ごとに同じフォーマットで売上表を作りたい
  • 表を別のシートに貼り付けたら列幅や行の高さが変わってしまった

今回は、そんな時に便利な「シートのコピー」についてご説明します。

 

シートのコピー:「Ctrl」キーを押しながら、シート見出しをドラッグ
スポンサードリンク

シートのコピー

下記のような売上表があります。

 

他にも複数店舗があるので、同じフォーマットで表を作成したいと思います。

こんな時に、一番早いのはシートを丸ごとコピーすることです。

シートをコピーすれば、元のシートに入っている計算式や関数、そして列幅や行の高さなどの書式なんかもすべて同じとなります。

 

シート名を変更

コピーする前に、元の表があるシートの名前を変更しておきましょう。
シートが複数増えた場合にわかりやすくするためです。
最初はシート名が「Sheet1」となっています。
この名前を変更するには、シート名をダブルクリックします。

 

シート名が反転したら、入力します。

 

今回は「天神」と入力して「Enter」キーを押します。
(カーソルが表示されていたらもう一度Enterキーを押します)

 

 

シート見出しをCtrl+ドラッグでコピー

では、「天神」シートをコピーします。
シート名の「天神」の部分にマウスポインタをもっていきます。
キーボードの「Ctrl」キーを押したままシート名(天神)をつかんで右方向へドラッグします。

 

マウスポインタの先に「+」マークが表示されたことを確認したら、マウスから先に手を放します。
この時まだCtrlキーから手を放さないでください。

 

天神シートの隣に「天神(2)」シートが作成されたことを確認したら、Ctrlキーから手を放します。
シートのコピーができました。

 

現在、「天神」シートと「天神(2)」シートは全く同じです。
では、わかりやすいように「天神(2)」シートの名前を変更しましょう。
シート名をダブルクリックして「博多」に変更しました。

 

セルA1のタイトルも「天神店」から「博多店」に変更しました。
続いて、売上の数値部分のみ消しましょう。
合計には関数が入っていますので、消さないでくださいね。
セルB3からD5まで(数値部分)を選択して、キーボードの「Delete」キーを押します。

 

売上の数値が消去されたので、合計が「0」となりました。

 

あとは、博多店の売り上げを入力していけば合計が自動で表示されます。

 

このように、シートを丸ごとコピーすれば、あとは違うところだけを入力するだけでOKなのです!
時短になりますね♪

 

シート見出しをドラッグでシートの移動

シートが増えてくると、順番を入れ替えたいという場合も出てくると思います。
そんな時には、シートの移動をすればOK!
シート見出しをドラッグするだけで移動になります。

 

移動したいシート見出しをドラッグします。
今回は「天神」シートの左へ移動します。

 

移動したいところに▼マークがきたらマウスから指を放します。

 

シートの表示順を変えることができました。

 

シートのコピーや移動、ぜひ活用して時短しましょう!
関連記事

働いているといろんなことに絶望したりしますが、こんな経験はないでしょうか? エクセルで表をコピーして別の場所に貼り付けたら列幅や行の高さが変わってしまって絶望・・・残業して設定し直し。 エクセルには、列幅も行の高さも変え[…]

関連記事

ある時チームのメンバーから 「エクセルの資料、全シート印刷してもってきて」 「あ、通しのページ番号もつけてね」と依頼されました。 さて、どうしましょうか…。 複数シートに連番のページ番号を振りたい 1つのファイ[…]

関連記事

Excelでファイルに複数のシートがあってそれを並べて見比べたい時ってありませんか? 例えば、年度別にシートが分かれている売上表。 シートを切り替えながら見るよりも、2つや3つ並べて全体を見比べたいですよね。 今回[…]



転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク