【Excel】値の貼り付けはショートカットキーで~Ctrl+Alt+V→V

エクセルで「値のみ貼り付け」をよく使うという方も多いと思います。

私も同じくです。

 

「Ctrl」+「V」で貼り付けた後に、貼り付けのオプションから「値」をクリック

 

ちょっと面倒だなぁと思いませんか?

この際、値の貼り付けはショートカットキーを覚えましょう!

 

値の貼り付け:「Ctrl」+「Alt」+「V」→「V」→「Enter」

 

では詳しくご説明します。

 

スポンサードリンク

値の貼り付け

いつも、こんなことをしていませんか?

コピペしたら、書式までついてきてしまうので、

 

「貼り付けオプション」ボタン→「値」を選んで

 

中身のみ貼り付けするという作業。

 

せっかく「Ctrl」+「V」で貼り付けたのに、その後はマウスを使って…

なんとなく微妙…ですよね。

 

ということで、マウスを使わずにキーボードで完結させましょう。

 

「Ctrl」+「Alt」+「V」で形式を選択して貼り付け

では、今度はショートカットキーを使って「値の貼り付け」をしてみますね。

 

まずは、「Ctrl」+「C」でコピーして

 

貼り付け先のセルをクリックしたら

 

「形式を選択して貼り付け」画面を出します。

いつもの「Ctrl」+「V」に「Alt」を足してください。

 

形式を選択して貼り付け:「Ctrl」+「Alt」+「V」

 

「形式を選択して貼り付け」画面が表示されます。

 

ここで「値」を選択したいので「V」キーを押して「Enter」キーを押します。

 

マウスを使わずにキー操作のみで「値の貼り付け」ができました。
「Alt」キーを足すだけです。
慣れると楽ですよ。マウスに持ちかえるちょっとした煩わしたから開放です!
ぜひお試しくださいね♪

 

関連記事

働いているといろんなことに絶望したりしますが、こんな経験はないでしょうか? エクセルで表をコピーして別の場所に貼り付けたら列幅や行の高さが変わってしまって絶望・・・残業して設定し直し。 エクセルには、列幅も行の高さも変え[…]

関連記事

Excelは、ショートカットキーを覚えるとマウスに持ち替えることなく操作ができるため、作業効率が格段に上がりますよ。 「ショートカットキー」とは、キーボードのキーを組み合わせて行う操作のことです。 今回は、Excelの便[…]



Excelで残業さようなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

Excel時短・便利ワザ講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク