【Excel】VLOOKUP関数の「#N/A」エラーを解除

VLOOKUP関数を使うと「#N/A」というエラーが表示されることがあります。

参照先のセルに値がないために#N/A(ノー・アサイン)というエラーが表示されるのです。

下の表の場合、「コード」が未入力、つまり空白になっているため参照できませんということです。

 

今回は、このエラー表示を「IFERROR関数」を使って回避する方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

IFERROR関数

IFERROR関数とは

IFERROR関数は、数式の結果で分岐を行うことができます。

数式の結果がエラーとなる場合は指定した値を表示、それ以外の場合は数式の結果を表示します。

 

=IFERROR(値,エラーの場合の値)

 

なんだか難しそう…ですか?大丈夫!

 

数式の結果エラーになったら〇〇と表示してね

ということなので、

  • 「値」:数式を設定
  • 「エラーの場合の値」:エラー時に表示させたい文字など

この2つを指定すればOKです。

 

今回は、エラーなら「空白」を表示したいと思います。

 

IFERROR関数の入力

いつもは、「関数の挿入」ボタン→関数を選択→引数を設定

という流れてご説明していますが、今回は違う方法でご説明したいと思います。

なぜならば…既に入力されている数式を利用したいからです♪

 

下の表で説明します。

セルB4をクリックして数式バーを確認しましょう。

VLOOKUP関数が設定されていますね。

 

この式にIFERROR関数を加えて、エラーの場合には空白を表示したいと思います。

 

このように追加します。

 

VLOOKUP関数の部分は既に入力されているので、

その前後にIFERRORとエラーの場合の値を追加すれば良いですね。

 

ちなみに、“” は空白を意味します。

Excelではおなじみですね。

 

では、始めましょう!

 

数式バーで編集

数式バーに表示されている数式の「=」の後ろをクリックしてカーソルを表示します。

 

iferror と入力します。※小文字でも大文字でもOKです。

 

入力をすると、すぐ下に「IFERROR」という関数名と関数の説明が小さく表示されます。

表示された「IFERROR」をダブルクリックしましょう。

 

すると、IFERROR関数が選択され、小文字で入力していた場合でも大文字表示に変わります。

さらに ( も自動で表示されます。

=IFERROR(VLOOKUP(~~~~ となりましたね。

 

続いて、VLOOKUP関数の後ろに入力します。

)の後ろをクリックしてカーソルを移動します。

 

エラーの場合の値を入力しますので、

,””) と入力します。

 

最後にEnterキーを押して確定しましょう。

=IFERROR(VLOOKUP(A5,$A$15:$C$20,2,FALSE),””)

と入力されていることを確認してください。

 

では、この式を下方向へコピーしましょう。

 

「#N/A」とエラー表示されていたセルが空白表示に変わりましたね!

 

 

「単価」の欄も#N/Aエラーが表示されていますね。

先ほどと同様、IFERRORを設定してエラー表示の時には空白が表示されるようにしましょう。

 

セルD4をクリックします。

 

先ほどと同様に、数式バーで以下のように編集します。

 

入力ができたら、下方向へコピーしましょう。

 

同じく、#N/Aのエラー表示だったセルが空白表示となりました。

 

以上で完了です。

 

コードが未入力の場合は「空白」を表示

コードが入力されたら、VLOOKUP関数を使って商品名と単価を自動入力されます。

 

 

思っていたよりも簡単ではなかったでしょうか?

IFERRORはExcel2007バージョンから登場した便利な関数です。

様々なエラー表示をなくすことができますので、ぜひ活用してくださいね!

 

関連記事

Excel女子の皆さん、VLOOKUP関数は使えますか? ビジネスでは「基本」とされるVLOOKUP関数ですが、 使ったことはあるけど忘れてしまった 実はイマイチわかっていない という方も多いのではないでしょうか[…]

関連記事

VLOOKUP関数の引数「検索方法」は、ほとんどの場合が「FALSE」完全一致です。 コードや番号などとピッタリ一致するデータを自動表示することができて便利ですよね。 [sitecard subtitle=関連記事 url=ht[…]

 
 
Excelの関数は難しい…と思っている方も多いと思いますが、ちょっとだけ頑張って覚えたら作業効率が恐ろしく上がります!

この本は、ストーリがありどんな時にどんな関数を使えばよいのか、すんなり理解できてお勧めです。

アクアパソコン教室のExcel関数講座でもテキストとして使用していて、お客様にも好評です。

初心者の方にはちょっと難しいかもしれません。もっと業務を効率化したいという中級者にピッタリ。

こちらもお勧めです。

Excel関数を極めたいなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

Excel関数テクニック講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク