【Excel】URLやメールアドレスのリンクを削除&設定解除

セミナーの参加者名簿などで、メールアドレスや会社のURLを入力することがあると思います。

アドレスを入力すると勝手にハイパーリンクになるのってイヤだなぁと思いませんか?

こんな風になりますよね。

 

Excelの初期設定では、メールアドレスやURLを入力すると自動でハイパーリンクが設定されるようになっています。

リンクから直接Webサイトを見たり、メールを送ったりしたい場合には便利ですが、実際そのような操作をすることは少ないですよね。

逆に、リンクになっているところをクリックしてしまうとメールソフトが起動されてしまったり、ブラウザが立ち上がったりとイライラの原因にもなります・・・。

セルをコピーしたり修正したりするときにも面倒ですね。

今回は、ハイパーリンクの削除方法と、自動でハイパーリンクにならないように設定する方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

ハイパーリンクの削除

まずは、既にハイパーリンクが設定されているセルのハイパーリンクを削除する方法からご紹介します。

 

ハイパーリンクを削除したいセルを範囲選択します。

 

選択範囲内で右クリック→「ハイパーリンクの削除」をクリックします。

 

ハイパーリンクが一気に削除されましたね。

がしかし気になることが・・・罫線も一緒に削除されてしまいました。

 

そうなんです。「ハイパーリンクの削除」をすると、ハイパーリンクと一緒に書式も削除されます。

なので、もう一度書式を設定する必要があります。

 

ハイパーリンクのクリア

書式をもう一度設定するなんて面倒だ・・・

そんな方のためにもうひとつの方法があります。

「ハイパーリンクのクリア」です。

 

同じく範囲選択をして

 

「ホーム」タブの右側にある「クリア」の▼から「ハイパーリンクのクリア」をクリックします。

 

ハイパーリンクのみが解除されました。

書式は残ったままです。

青で下線が付いたままなのでリンクが残っていそうですが、下線の部分にマウスポインタを持っていっても手の形にはなりません。

罫線も残っていますね。

 

しかし、個人的には「いやいやこうじゃなくて・・・」という気持ちになるのですが。。

これだと削除した感じがしないんです。皆さんいかがでしょうか。

私としては、罫線だけを残して「青の下線」は「黒の下線なし」にして欲しいなぁと。

 

とつぶやいたところで仕方ないので、「黒の下線なし」に変更します。

もう一度範囲選択して、フォントの色を「黒」に、「下線」のボタンをクリックして解除しましょう。

 

できました。

 

 

今後ハイパーリンクを設定しない

「ハイパーリンクの削除」も「ハイパーリンクのクリア」も、結局その後に手直しが必要となりますね。

ということで、そもそも入力時にハイパーリンクにならないように設定しておくことが一番良さそうです。

 

自動でハイパーリンクにならないようにExcelの設定を変更しましょう。

 

「ファイル」→「オプション」をクリックします。

 

「Excelのオプション」画面が表示されます。

「文章校正」をクリックして切り替えたら、「オートコレクトのオプション」ボタンをクリックしましょう。

 

「入力オートフォーマット」タブに切り替えます。

「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」にチェックが入っていると思います。

そのチェックをはずして「OK」をクリックします。

 

「Excelのオプション」画面に戻ったら「OK」をクリックしておきましょう。

 

これで、以降ハイパーリンクにならないように設定ができました。

 

ちなみに、この設定以降入力するものに対してハイパーリンクが設定されないというだけで、既に入力済みのメールアドレスやURLのハイパーリンクは削除されません。

 

今後ハイパーリンクでイライラすることはなくなりそうですね♪

時短にもなります!

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク