【Windows】JPG画像をPDFに変換する~フリーソフト不要

働く女子の皆さん、仕事でデータのやりとりをするときに「PDFでください」と言われることが多くないですか?

今回は、JPEGやPNGなどの画像ファイルをPDFファイルに変換する方法をご紹介します。

 

変換と聞くと、何かフリーソフトでも必要なのかな…と思われたかもしれませんが、「Windows10」なら標準機能でできるんです!

では早速ご紹介しますね。

 

スポンサードリンク

Microsoft Print to PDF

Windows 10 なら仮想プリンターの「Microsoft Print to PDF」が標準装備されているので「印刷」操作で簡単に PDF に変換できます。

まずは、「Microsoft Print to PDF」を確認してみましょう。

 

「スタート」→「設定」をクリックします。

 

設定画面が表示されたら、「デバイス」をクリックします。

 

「プリンターとスキャナー」をクリックします。

 

「プリンターとスキャナー」の画面に変わり、プリンタの一覧が表示されます。

その中に「Microsoft Print to PDF」が表示されていますか?

 

これを使えば、フリーソフトなどを使わずにPDFファイルへ変換することができるんです!

 

JPGからPDFに変換する方法

では、実際にJPG画像をPDFファイルに変換してみましょう。

 

今回は「ピクチャ」フォルダ内にあるJPG画像をPDFファイルに変換してみたいと思います。

 

変換したいファイルを「右クリック」→「印刷」をクリックします。

 

「画像の印刷」画面が表示されます。

左上の「プリンター」には設定されているプリンタ名が表示されていると思います。

これを変更しますので、▼をクリックして「Microsoft Print to PDF」をクリックします。

 

印刷の向きを変えることもできます。

右下の「オプション」をクリックします。

 

「印刷の設定」画面が表示されます。

「プリンターのプロパティー」をクリックします。

 

「印刷の向き」の▼から向きを変更することができます。

今回は「横」のままで進めます。

 

画面が戻ったら、「印刷」ボタンをクリックします。

 

「印刷結果を名前を付けて保存」画面が表示されます。

 

「保存先」にはPDFファイルを保存する場所を指定します。

今回は、変換するJPG画像と同じ「ピクチャ」を指定します。

 

「ファイル名」には、PDFファイルの名前を入力します。

今回は、「練習」と入力しました。

 

「ファイルの種類」が「PDFドキュメント」になっていますね。

すべて確認ができたら「保存」をクリックします。

 

保存されたファイルを確認

では、保存ができているかを確認しましょう。

保存先に指定した「ピクチャ」フォルダを見てみます。

先程保存した「練習」というPDFファイルがありますね!

 

ファイルをダブルクリックして開いてみましょう。

Adobe Acrobat Readerが起動してPDFファイルとして開くことができました。

 

意外と簡単な操作でJPG画像からPDFファイルに変換することができました。

JPG画像以外にも、PNGファイルなどの画像ファイルも変換することができますので、お試しくださいね。

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク