【Excel】日付が過ぎたらセルに色を付ける~条件付き書式で納期管理

働く女子の皆さん、納期管理はバッチリですか?

タスクがたくさんあると、ついうっかり納期を忘れてさぁ大変!

なんてこともあると思います。

 

エクセルの条件付き書式を使えば、

  • 納期が「明日」ならセルの色が自動で「黄」に変わる
  • 納期が「今日」ならセルの色が自動で「緑」に変わる
  • 納期が「過ぎたら」セルの色が自動で「赤」に変わる

 

なんていうことが自動でできちゃいます!

 

ファイルを開けば、自動で色が変わっているので気が付きやすいですね♪

では、始めましょう!

 

条件付き書式ってなぁに?という方は、まずコチラをご確認くださいね。

関連記事

Excelの「条件付き書式」を使っていますか? 例えば、売上表で売上の金額によって自動的に色を付けることができたり   予約表で、まだ予約が入っていない空白のセルに色を付けたり  […]

 

スポンサードリンク

納期管理表の作成

まず、このような感じでタスクと納期を入力した表を作ります。

 

本日のセルには、today関数を入れておきましょう。

 

こうしておくと、明日ファイルを開いたら明日の日付に変わります。

 

納期が「明日」のセルに色を付ける

では設定をしていきましょう!

まずは「納期が明日のセルに黄色を付ける」という設定をします。

 

納期の日付部分を範囲選択しておきます。

 

「ホーム」タブをクリックして、

「条件付き書式」→「セルの強調表示ルール」→「日付」をクリックします。

 

設定画面が表示されました。

「昨日」と設定されているところの▼をクリックして

「明日」を選択します。

 

続いて書式の▼をクリックして色を選びます。

今回は「濃い黄色の文字、黄色の背景」を選択します。

 

「明日」だったら「濃い色の文字、黄色の背景」という設定ができました。

「OK」をクリックしましょう。

 

納期が「明日」のセルに黄色の色が付きました。

 

納期が「今日」のセルに色を付ける

先ほどと同様に、納期が「今日」のセルに緑色を付けましょう。

 

納期の日付部分を範囲選択しておきます。

「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「セルの強調表示ルール」→「日付」をクリック。

 

「今日」を選択

「書式」を「濃い緑の文字、緑の背景」

と選択して「OK」します。

 

先ほどの条件に加えて

納期が「今日」のセルに緑色が付きました。

 

 

納期が「過ぎたら」のセルに色を付ける

ではいよいよ最後、納期が「過ぎたら」のセルに赤色を付けましょう。

 

納期の日付部分を範囲選択しておきます。

 

今回は「今日」や「明日」ではなく、

「納期の日付」が「今日」より前だったら

と考えます。

 

「今日より前」ということは「今日より小さい」となりますね。

 

よ~く考えてみてください。

 

では、設定します。

「ホーム」タブ→「条件付き書式」→「セルの強調表示ルール」→「指定の値より小さい」

をクリックします。

 

「次の値より小さい」の画面が表示されます。

 

この場合の「次の値」とは「今日」ですね。

ですので、

「今日」を入力しているセル(今回はセルB1)をクリックします。

 

「書式」を「濃い赤の文字、明るい赤の背景」

と選択して「OK」します。

 

納期が「今日」を過ぎたセルが赤色に変わりました!

 

何色が何を表しているのか、ほかの人にもわかるようにしておくと良いですね。

 

 

ファイルを開くたびに色で教えてくれるので、とても便利です。

失敗しない女子!目指しましょう♪

 

 

関連記事

Excelの「条件付き書式」を使っていますか? 例えば、売上表で売上の金額によって自動的に色を付けることができたり   予約表で、まだ予約が入っていない空白のセルに色を付けたり  […]

関連記事

今回は以前の記事を少し発展させて 締切まで3日以内のセルに自動で色を付ける という設定についてご紹介します。   前回、エクセルの条件付き書式を使って 納期が「明日」ならセルの[…]

Excelで残業さようなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

Excel時短・便利ワザ講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク