【PowerPoint】配布資料の余白を小さくするには~割付印刷

働く女子の皆さん、PowerPointの配布資料印刷で気になることはないですか?

配布資料印刷とは、一枚の紙に複数のスライドを印刷することが出来る機能です。

 

「ファイル」→「印刷」とクリックすると表示される印刷プレビュー画面

「印刷対象」を「スライド」から「配布資料」に設定すれば、一枚の用紙に何スライド入れるかを選べば出来ますね。

 

 

1枚の用紙に2スライド印刷する設定にしてみました。

この「配布資料」、余白が大きいなぁと思ってことはありませんか?

スライドをもっと大きく印刷したいのに。。

 

スポンサードリンク

配布資料の余白を小さくするには

残念ながら、PowerPointで余白の調整等は出来ません。

 

用紙に合わせて拡大/縮小

配布資料印刷の設定時に「用紙に合わせて拡大/縮小」をクリックして選択すると、少し余白が小さくなります。

 

しかし、さほど変化はありません。

 

並べてみましょう。先程よりは余白が小さくなっていますね。

これ以上余白は小さくできないのでしょうか。

 

割付印刷の設定

残念ながらPowerPointでできる設定はこれ以上ありません。

しかし!PowerPointの機能を使うのではなく、プリンタの「割付印刷」機能を使うという方法があります。

 

プリンタには、複数ページを1枚の用紙に割り付けて印刷することができる「割付印刷」という機能があるのです。

設定は簡単です。

今回は、Canonのプリンタでご紹介します。

※プリンタのメーカーによって設定方法は異なります。

 

「ファイル」→「印刷」をクリックして、印刷設定画面を表示します。

「印刷対象」は「配布資料」ではなく、「フルページサイズのスライド」にしておきます。※ここ大事!

 

「プリンターのプロパティ」ボタンをクリックします。

 

プリンタのプロパティ画面が表示されます。

「ページ設定」タブ⇒「ページレイアウト」の中から「割り付け」をクリックします。

「詳細設定」ボタンをクリックすると、1枚の用紙に何ページ分印刷するかを選択出来ます。

 

今回は、2ページ分にしてみます。

▼をクリックして、「2 in 1 印刷」を選択して「OK」をクリックしましょう。

 

あとは、印刷すればOK。

余白が小さくなり、スライドが大きく印刷されます。

 

違いを比べてみて下さい!

 

 

ずいぶん違うと思いませんか?

これだけの違いなら、活用しない手はないですよ。

 

これを見た人からコッソリ「これってどうやって余白を小さくしたの?」と聞かれるかもしれません。

これでまたひとつ疑問解決になればうれしいです!

 

関連記事

PowerPointで作成したスライドは、配布資料として印刷することができますよね。 この配布資料、余白の調整がなかなか思うようにいきません。 また、レイアウトも限られています。 [sitecard subtitle=関連[…]

関連記事

PowerPointはプレゼン資料を作成する一方で、チラシの作成にも活用されています。 PowerPointにはデザインテンプレートがたくさん用意されていますし、文字や図形も扱いやすい。 チラシ作成はWordで作るよりもPowe[…]

関連記事

WordでA4サイズ縦2枚の文書を作成しました。 これを大量に印刷して配布したい。 紙とインクの節約のために、A4サイズ1枚に2ページを並べて印刷できればなぁと思ってことはありませんか? こういうイメージです。 […]

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク