【Excel】COUNT関数とCOUNTA関数の違い

働く女子のみなさん、表の中にデータが何件あるか数える時に目で見て数えていませんか?

件数が少なければそれでも良いかもしれませんが、

100件、1000件、10000件・・・日が暮れてしまいますね・・・。

しかも、件数が多くなると間違いも増えます。

 

下の「模擬試験結果」の表で

「受験した人数」「試験を申し込んだ人数」を出したいと思います。

 

受験した人には点数が入力されていますね。

一方で、受験しなかった人の点数の欄には「欠席」と入力されています。

 

  • 受験者数=点数(数値)が入力されているセルの個数
  • 申込者数=申込者の名前が入力されているセルの個数

 

を求めればよいですね。

 

ということで、今回は、

データの個数を数える「COUNT関数」と「COUNTA関数」についてご紹介します!

 

スポンサードリンク

COUNT関数

COUNT関数は、指定した範囲の中の「数値」を数える関数です。

「カウント」と読みます。

 

セル「C11」に受験者数を出したいので、

「点数」の欄に「数値(点数)」が入力されている数を求めてみましょう。

 

セル「C11」をクリックします。

 

「ホーム」タブになっていますか?

 

「ホーム」タブの右側にある

「オートSUM」の▼→「数値の個数」をクリックします。

 

=COUNT()と表示されます。

 

範囲を選択します。

セル「B4」から「B9」をドラッグしましょう。

「=COUNT(B4:B9」と表示されたことを確認したらEnterキーを押します。

 

受験者数「4」となりました。

範囲の中にある「欠席」は「文字」なので数えません。

 

セルC11をもう一度クリックして選択したら「数式バー」を見て確認しましょう。

=COUNT(B4:B9)という式が入っていますね。

 

COUNTA関数

COUNTA関数は、指定した範囲の中の「空白以外のセルの個数を数える」関数です。

「カウントエー」と読みます。

「カウンタ」ではないですよ・・・念のため♪

 

「空白以外」ということは、具体的にいうと

「数値」でも「文字」でも、とにかく「空白」以外なら全部数えるということです。

 

今度はセル「C12」に申込者数を出したいので、

「点数」の欄に「データ(空白以外)」が入力されている数を求めてみましょう。

※「名前」の欄「セルA4からA9」を数えてもOKです。今回は先ほどと同じ範囲を利用して話を進めます。

 

セル「C12」をクリックします。

 

COUNT関数は、「オートSUM」のリストにあったので▼から選べましたが、

COUNTA関数は、「オートSUM」のリストにありません。

 

今回は「関数の挿入」(fx)ボタンを選択してCOUNTA関数を選びます。

 

 

目的の関数を素早く探すコツ

関数名が表示されます。

この中から「COUNTA」を選びます。

まず、「関数の分類」の▼をクリックして選びます。

「COUNTA」は「統計」の中にあります。

が、そんなこと知らない…って人がほとんどですよね…。

 

知らなくても大丈夫!

探し方を知っておけば良いのです。

 

「分類」が分からない時は、「すべて表示」を選びます。

 

すると、Excelのぜんぶの関数がAから順番に表示されます。

「COUNTA」は「C」なので、少し下へスクロールして探します…

 

が、ここでぜひ覚えておいて欲しいことがあります。

目的の関数にパパっとジャンプできる方法があるんです!

 

まず、「関数名」のところに関数がたくさん並んでいるわけですが、

その中のどれでも良いので、ひとつクリックします。

 

そして、キーボードから、

探したい関数名の先頭文字を2~3文字入力します。

今回は欲張って「cou」と入れます。

 

この時、できるだけ素早く!が大事です。

couと素早く入れましょう!

難しければ、c だけでも良いですよ。

 

c と打った後に o を入れるまでに間があいてしまうと、
c だけだと思ってしまい、c から始まる関数にジャンプしてしまいます。
(それでもそこから少しスクロールすれば良いのですが)
そして、この時には必ず日本語入力をOFF「A」の状態で入力してくださいね。

 

ジャンプできましたか?

COUNTAをクリックして「OK」をクリックします。

 

COUNTA関数の画面が表示されました。

引数の「値1」を見てみると「C11」となっているので、これを変更します。

 

セルB4からB9をドラッグして範囲選択しましょう。

引数の「値1」が「B4:B9」という表示に変わったことを確認したら「OK」ボタンをクリックします。

 

「6」という結果がでました。

先ほどと同じ範囲を選択しましたが、

今度は数値も文字も数えたので「6」になったということです。

 

COUNTA関数の注意点

COUNTA関数を使っていると、あれ??と思うことがあるかもしれません。

というのは、見た目空白セルであっても、カウントされることがあるのです。

 

例を挙げますね。

 

全角スペースが入ってる場合

見た目は空白ですが、「空白の文字」が入っているとみなされて数えます。

 

半角スペースが入ってる場合

同じく見た目は空白ですが、「空白の文字」が入っているとみなされて数えます。

 

数式の結果の空白が入っている場合

IF関数などを使っていて、その結果として「””」空白が入っている場合も同様です。

見た目は空白なのですが、「空白の文字」が入力されているということでカウントされます。

 

エラー値が入っている場合

これは見た目にも見えますので分かりやすいですね。もちろん数えます!

 

何もデータが入っていない場合

本当に空っぽで何もデータが入っていなければ数えません。

 

ということで、「空白」といっても色んな空白があるので

COUNTA関数を使うときには注意しましょう!

 


 

以上、COUNT関数とCOUNTA関数についてのご説明でした。

しっかり理解して、使い分けていきましょうね!

 

関連記事

COUNT系関数のご紹介、今回は「COUNTIF関数」です。 COUNT系の関数はいくつかありますが、「何を数えるのか」が大きな違いです。   COUNT関数:「数値を数える」 COUNTA関数[…]

関連記事

COUNT系関数のご紹介、今回は「COUNTIFS 関数」です。 前回ご紹介した「COUNTIF関数」の仲間で、Excel2007から登場した関数です。 COUNTIF関数は、条件に合ったセルの個数を数える関数ですが […]

関連記事

COUNT系関数のご紹介、今回は「COUNTBLANK関数」です。 COUNT系の関数はいくつかありますが、「何を数えるのか」が大きな違いです。 COUNT関数:「数値を数える」 COUNTA関数:「空白以外を[…]

 
 
Excelの関数は難しい…と思っている方も多いと思いますが、ちょっとだけ頑張って覚えたら作業効率が恐ろしく上がります!

この本は、ストーリがありどんな時にどんな関数を使えばよいのか、すんなり理解できてお勧めです。

アクアパソコン教室のExcel関数講座でもテキストとして使用していて、お客様にも好評です。

初心者の方にはちょっと難しいかもしれません。もっと業務を効率化したいという中級者にピッタリ。

こちらもお勧めです。

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク