【Web】Wi-Fiのメリットって何だろう?

Web

「Wi-Fi」という言葉。実はココだけの話、かろうじて「わいふぁい」とは読めるけど、

意味はよく分かっていない・・・そんな「働くオンナ」も多いのではないでしょうか。

横文字だしインターネット用語だし小難しく聞こえますね。

女性って男性ほど機器の仕組みとかには興味がなくて
「Wi-Fi」を拾えても、本質的な仕組みとかメリットって知らない人、きっと多いですよね。
今回は少しだけ掘り下げて、働くオンナが知っておくべき「Wi-Fi」の仕組みを書いてみます。

 

スポンサードリンク

Wi-Fiにつなげるどんなことができるの?

Wi-Fiは、ケーブルをつながずに無線でネットワークにつなぐ技術のことです。

無線LANの一部なのですが、最近では無線LANのことをWi-Fiと呼ぶことも多いので、無線LAN=Wi-Fiと考えても良いです。

Wi-Fiにつなげるメリットを説明しますね。

 

スマホやタブレットの通信量を抑えられる

スマホやタブレットをWi-Fiにつなげると、ドコモやauといったキャリアの基地局を通らずインターネットを利用できるので通信量制限を気にすることなく楽しめます。

Wi-Fiには、たとえば福岡市営地下鉄内で使えるWi-Fiや滞在先のホテルで使えるWi-Fiなど公共のWi-Fiもありますが、インターネット回線を引いている自宅の中ではWi-Fiを使うことができます。

また、電波の届く範囲内では通信が安定しているため、動画視聴も途中で途切れることなくサクサク動き、アプリのインストールやOSの更新などもスムーズです。

 

パソコンも家の好きな場所でインターネットができる

ケーブルをつないで使っていたパソコンも、Wi-Fi(無線LAN)に切り換えるだけで、家の中どこででもメールやインターネットができるようになります。

ケーブルがなくなった分、お掃除もラクになりますね!

 

パソコン、スマホ、タブレットから印刷できる

パソコン、スマホ、タブレットからデータを飛ばせば家の中のどの場所にいてもプリンターで出力ができます。

たとえば、2階にあるパソコンから1階のプリンターにデータを飛ばして印刷をしたり、スマホの写真を印刷することもできます。

※お使いのプリンターがWi-Fiに対応している場合に限ります。

 

画像や動画・音楽をみんなで共有できる

Wi-Fiにつないだ機器同士でデータを共有することができます。

たとえば、旦那さんが購入して家族共有のパソコンに保存した動画や音楽を子ども部屋のパソコンで視聴したり、リビングのパソコンに入れたデータを書斎のパソコンでも利用できます。

 

自宅でWi-Fiを使おう!

では、Wi-Fiを自宅で使いたい場合には、何が必要なのでしょうか。

自宅にインターネット回線を引いていたら、簡単にWi-Fi環境になります。

 

Wi-Fi環境にするには、無線ルーターが必要です。

無線ルーターは、パソコン・スマホ・タブレットなどに無線で電波を送る機器のことで、Wi-Fiでの使用を可能にします。

 

無線ルーターを持っている場合

無線ルーターをすでにお持ちの場合は、無線ルーターをBBIQの回線につないで設定するだけで、Wi-Fiが使えるようになります。

パソコン、スマホ、タブレットのWi-Fi設定をONにして、無線ルーターのネットワーク名(SSID)とパスワード(暗号化キー)を入力すればOKです。

ネットワーク名(SSID)とパスワード(暗号化キー)は、ルーター本体の側面や底面に貼られているラベルを見たら確認ができます。

 

無線ルーターを持っていない場合

無線ルーターを持っていない場合は、量販店などで購入します。

お部屋の広さや2階でも利用したいなど家の構造によっても変わるので、お店で相談するとよいですね。

また、インターネットの回線業者によっては、無線ルーターをレンタルすることができます。

その場合は、月額料金にプラスするだけで無線ルーターをレンタルできるので、おすすめです。

 

今回は、Wi-Fiの便利さについてご紹介しました。

ご自宅をまだWi-Fi環境にしていないという方はぜひ参考にしてくださいね。

再就職や転職でパソコンが不安なら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

再就職支援パック講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク