【Excel】ピボットテーブルで空白ではなく0を表示したい

  • ピボットテーブルを作成したら集計結果がないところが空白になった
  • 空白ではなくて「0」を表示したい

今回は、そんな時に便利な「ピボットテーブルで空白を0と表示する方法」についてご説明します。

 

ピボットテーブルのオプションで「空白セルに表示する値」に「0」を設定
スポンサードリンク

空白ではなく0を表示するには

ピボットテーブルの作成

売上表からピボットテーブルを作成します。

 

すると、このような結果となりました。

集計結果がないところは「空白」となっていますね。

 

空白ではなく「0」と表示したい

そんな時は設定ひとつで変更することができます。

 

空白ではなく0を表示するには

ピボットテーブル内をクリックします。(どのセルでもOK)

「ピボットテーブル分析」タブをクリックします。

 

「ピボットテーブル分析」タブに切り替えたら、

左端にある「オプション」の▼から「オプション」を選択します。

 

「ピボットテーブルオプション」画面が表示されます。

「レイアウトと書式」タブに切り替えてください。

 

「空白セルに表示する値」の欄に「0」を入力して「OK」をクリックします。

 

先ほどまで空白だったセルに「0」が表示されました。

 

「0」以外の表示も可能

先ほど「0」を入力したところに0以外のデータを入力することで「0」以外の表示も可能です。

「なし」と入力してみると

 

このような結果になります。

 

更新時に列幅が戻ってしまう

今回のように、ピボットテーブルの設定を変更したりデータを更新したりすると列幅が変わってしまいませんか?

元はこうでした。

 

しかし、空白セルに「0」を表示する設定をすると、こうなりました。

 

初期設定では、ピボットテーブルを更新すると、列幅が自動調整されます。

せっかく列幅を良い感じに調整していたのに、データを更新すると各列の文字数の幅に自動調整されてイチイチ直す…

すごく面倒ですよね。

 

これも設定で変えることができます。

 

先ほどの「ピボットテーブルオプション」画面を表示します。

「更新時に列幅を自動調整する」にチェックが入っていますよね?

このチェックを外して「OK」をクリックします。

 

もう一度、更新などをして試してみてください。

今度は列幅が変わらないと思います。

 

これで毎回面倒な思いをしなくてもすみますね。

 

デザインを変えて見栄え良く

「デザイン」タブに切り替えて、デザインを変えることもできます。

※ピボットテーブル内をクリックしておいてくださいね。

 

他にもたくさんあります。▼をクリックしてみると

 

このように豊富なデザインから選ぶことができます。

 

資料は、見た目も大事ですね♪

 

関連記事

Excelで平均を出したら結果が何かおかしい Excelで「0」を除いた平均を出したい 今回は、「ゼロを除外して平均値を出す方法」についてご説明します。   0(ゼロ)を除いた平均値を出すときは「AVE[…]

関連記事

Excelの表で計算結果などで「0」が表示されることがありますよね? 見積書や請求書など取引先に提出するとなると、「0」が表示されたままだとちょっとカッコ悪い…     Excelで「0」[…]

関連記事

空白セルに同じデータを入力したい・・・そんな時はどうしますか? やっぱりコピペ? 例えば、下の表で空白セルには「欠席」と入力したいのですが、 少しでも効率良くやりたいですね。 コピペでも悪くはないので[…]

 

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク