【Windows】付箋機能~Sticky Notesでメモ魔になろう

ちょっとしたメモを残せる付箋、仕事には欠かせないですね。

パソコンにも「付箋機能」があることをご存知ですか?

剥がれて落ちることもないし、他の人に見られる心配もなく便利です。

「前使っていたけど、Windows10になって無くなったみたいで」

という方もいらっしゃるようです。

 

実はこの付箋、Windows10のAnniversary Update以降からは「付箋」という名前から「Sticky Notes(スティッキーノーツ)」というちょっと洒落た?名前に変わったのです。

 

「付箋」という名前で探して見つからないため、「無くなった!」と思っている方も多いようですね。

新しくなった「Sticky Notes」は、以前「付箋」を使い慣れていた方にとっては戸惑うこともあるかもしれませんが、基本の使い方は変わりません。

 

この機会にぜひまた使い始めて「メモ魔」になりましょう!

 

スポンサードリンク

Sticky Notes(スティッキーノーツ)の起動

「スタート」→「Sticky Notes」をクリックします。

 

キーボードのみで起動する方法

キーボードの「Windowsキー」を押します。

 

スタートメニューが表示されたら、「Sticky Notes」の頭文字「s」キーを押します。

「s」から始まるアプリの一覧が表示されます。

 

その中から「Sticky Notes」をクリックして起動します。

または、↑↓矢印キーを使って「Stkicky Note」にカーソルを合わせて「Enter」キーを押します。

余裕があれば、「st」と入力すると、おそらく一発で「Sticky Notes」が選択されるので「Enter」キーを押したら起動します。

 

 

※初めて起動する時は、「付箋へようこそ」という画面が表示されて「サインイン」をするかどうかのメッセージが表示されます。

「今はしない」をクリックすればOKです。

 

起動できました!

 

タスクバーにピン留めしておくと便利

付箋はよく使うと思うので、すぐに起動できるよう「タスクバー」にピン留めしておくと便利です。

ピン留めすると、タスクバーに常にアイコンが表示されますので、すぐに起動することができるのです。

 

ピン留めする方法をご紹介します。

画面の下の「タスクバー」を見るといくつかのアイコンが並んでいると思いますが、Sticky Notesが起動していれば、その中に「Sticky Notes」のアイコンがあると思います。

黄色いアイコンです。

 

「Sticky Notes」のアイコンを右クリック→「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

 

こうしておくと、「Sticky Notes」を終了しても常に「タスクバー」にアイコンが表示されるので、次回からはタスクバーからアイコンをクリックするだけで簡単に起動できます。

 

ちなみに、私のパソコンのタスクバーにはこんなにたくさんのピン留めがあります…。

 

Sticky Notesの使い方

では、使い方のご説明です。

基本的には紙の付箋と同じように使うことができます。

 

左上の「+」をクリックします。

 

 

付箋紙が表示されました!

 

 

色を変えることもできます。

右上の「…」ボタンをクリックします。

 

色の一覧が表示されるので、別の色をクリックすればOKです。

 

色が変わりましたね。

 

では、メモを記入しましょう。

 

箇条書きのマークを付けることが出来ます。

 

他にもボタンが色々ありますね。

タスクが終了したら取り消し線を引いたり、太字にしたりと装飾できます。

 

新しいメモを出す

新しいメモを出すには左上の「+」をクリックします。

 

なんと、画像を入れることもできるんです!

下のボタンの一番右のボタン「画像の追加」をクリックします。

 

参照先から写真を選べばOKです。こんな感じに入ります。

 

メモ一覧

書き込んだメモは、メモ一覧の方にも反映されます。

 

付箋の方を「×」で閉じても、メモ一覧として残ります。

このメモをもう一度表示して編集したい場合は、一覧にあるメモをダブルクリックすればOKです。

 

逆に、「メモ一覧」の方を「×」で閉じても「付箋」の方は残ります。

 

もう一度、メモ一覧を表示したい時は

メモの右上の「…」→「メモの一覧」をクリックします。

 

 

再びメモ一覧が表示されます。

 

メモの検索

なんと、メモ一覧からメモの検索も可能です。

検索欄にキーワードを入力すると、

 

該当するメモが表示されます。

 

 

メモの削除

メモを削除したい時は、メモの右上の「…」→「メモの削除」をクリックすればOKです。

 

 

いかがでしたか?

画像を入れたり検索できたりと、進化していますね~

是非これから活用して「メモ魔」になりましょう!

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク