【Excel】置換機能で一気に文字を置き換え~時短&ミス防止

働くエクセル女子の皆さん!

まさか、表の中の文字を違う言葉に書き換えたいと思ったとき、ひとつひとつ探して修正していませんか?

コピペも件数が多いと結構大変。

そんなときは、「一括で置換」がオススメです。

変えたい部分を探す手間が省けるし、うっかり見落とす心配もなくなります。

サクッと終わらせてサッサと帰りましょう!

 

スポンサードリンク

特定の文字を一括置換

以下の売上表、データ件数は450件ほどあります。

項目名「カラー」の「ブルー」をすべて「青」に置き換えたい。

その他の色も「シルバー」は「銀」に「グリーン」は「緑」に・・・

さぁどうしますか?

エクセルの「置換」機能を使えば一瞬です!

では、早速始めます。

 

「ホーム」タブをクリックします。

 

一番右の「検索と選択」⇒「置換」をクリックします。

 

「検索と置換」のボックスが表示されます。

ちなみに、ショートカットキーもあります。

「Ctrl」キーを押しながら「H」キーを押します。

「チカンはエッチ」と覚えたら、かなりの確率で忘れません(笑)

(今までこう覚えてもらった生徒さんは、ほぼ忘れていません)

 

「検索する文字列」に「ブルー」

「置換後の文字列」に「青」と入力します。

一気に置き換えたいので、「すべて置換」をクリックしましょう。

 

一瞬で置換が終わり、「○件を置換しました。」と表示されます。

今回は53件ありましたね。

 

画面を下へスクロールして、「ブルー」が「青」に置き換わったことを確認しましょう。

一瞬すぎて驚きますね。

 

同様に、「シルバー」を「銀」に「グリーン」を「緑」に・・・置換していけば良いですね。

これなら、データ件数が数百件あったとしても作業はあっという間に終わります。

 

特定の文字を一括消去

「置換」機能は、特定の文字を一括で消去することもできます。

 

今度は、以下の表の「○円」の「円」を消したい。

なぜなら、「○円」だと「文字列データ」なので計算ができないからです。

「円」を削除して数字だけになれば「数値データ」となり計算ができるようになります。

 

これを、手作業すると思ったらゾッとしますよね。

こんな時も、置換を使えば一瞬ですよ。

 

先ほどご紹介したショートカットキーを使いましょう。

「Ctrl」+「H」で置換のボックスを出します。

表示されたら、

「検索する文字列」に「円」と入力

「置換後の文字列」には何も入力しません

「すべて置換」をクリックしましょう。

 

997件もありました!

 

円が削除され、数値だけになっていることがわかります。

数値データになれば、合計を出したいときなどの計算がしやすくなりますね。

 

これを知っているのと知らないのでは、作業効率にずいぶん差が付きますよ。

残業さようなら~ですね♪

 

関連記事

Excelでもらったデータ、微妙に空白が入っていることがないですか? ひとつの表に複数の人が入力したりすると、人によってスペースを半角で入れたり、全角で入れたりと様々です。 こんなときに、セルをひとつひとつ確認してスペー[…]

関連記事

Excelで1つのセルにどうしても2行表示させたい、そんな経験はないですか? Excelでは、1つのセルに1行が基本なのですが、複数行表示させたい場合の方法をご紹介します。 「折り返して全体を表示する」で自動改行 「折り返[…]

関連記事

Excelの表で、データが重複していないかどうかをチェックする時どうしていますか? データの件数が少なければ目で見て確認していくこともできなくはないです。 しかし、件数が多くなればなるほど大変。 目視には限界がありますよね[…]



転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク