【Excel】大きな表はウィンドウ枠の固定を使えばラクチン

  • 2019年5月22日
  • Excel
  • 0件

働くエクセル女子の皆さん、こんにちは。

 

Excelで大きな表を扱っているときに、こんなことでイラっとしていませんか?

・下にスクロールすると、上の項目名が見えなくなる

・右にスクロールすると、左の項目名が見えなくなる

Excelには、表の上や左部分がスクロールしないように固定しておく「ウィンドウ枠の固定」という機能があります。

これを知っておくと、少しだけストレスも少なくなりますよ。

 

スポンサードリンク

ウィンドウ枠の固定とは

 

以下のような大きな表があります。

上下も左右もスクロールする必要がありますね。

上下にスクロールすると黄色の項目名が見えなくなってしまいますし、

左右にスクロールすると、開催日やセミナー名が見えなくなてしまいます。

 

例えば、↑の画面には見えていませんが、一番右に「備考」という項目があります。

画面に見えていない下の方にあるセミナーの備考欄に入力しようとしたときに、

「あれ、ここで合ってるのかな」

って思いながら、入力したら一行ずれていた・・・なんてことになります。

これ、イライラポイントですよね。

そんな時には、「ウィンドウ枠の固定」を利用すると便利です。

指定した行や列まではスクロールされないよう固定することが出来るのです。

 

行(上)を固定するには

 

4行目以降がスクロールするように設定します。

 

 

4行目から下をスクロールさせたい時には、「4行目」を行選択します。

画面左端の「4」のところにマウスポインタを持っていき、「→」の形に変わったらクリックします。

 

「表示」タブ→「ウィンドウ枠の固定」→「ウィンドウ枠の固定」をクリック

 

設定できました。上下にスクロールしてみて下さい。

3行目まではビクとも動かないでしょう?

 

固定を解除するには

 

固定を解除したい場合は、固定した時と同じ操作です。

「表示」タブ⇒「ウィンドウ枠固定」とクリックすると、

固定しているときには、「ウィンドウ枠固定の解除」と表示されるので、クリックすればOKです。

 

解除されたかどうか、スクロールしてみてください。

最初の状態に戻っていますよね?

 

列(左)を固定するには

 

では、次に左右にスクロールするときに、C列まで動かないように設定します。

 

D列以降をスクロールさせたい時には、「D列」を列選択します。

画面上の「D」のところにマウスポインタを持っていき、「↓」の形に変わったらクリックします。

 

選択できたら、行を固定したときと同じように

「表示」タブ→「ウィンドウ枠の固定」→「ウィンドウ枠の固定」をクリック。

 

右へスクロールしてみて下さい。

C列までは固定されて動かず、D列以降がスクロールすることが分かりますね!

 

ちなみに、固定を解除したい場合は、先ほどと同じ操作

「表示」タブ⇒「ウィンドウ枠固定」→「ウィンドウ枠固定の解除」でOKです。

 

このように、行や列を固定することが出来るのです。便利ですね!

さて、賢いアナタはここで疑問に思ったハズ!

「行も列も両方固定できないの?」

はい♪ ズバリ!できます!

 

行も列も固定するには

 

今度は、行も列も固定してみましょう。

「4行目以降」そして「D列以降」がスクロールするように設定します。

さて、この時はどこを選択して固定すれば良いでしょうか…

ちょっと考えてみて下さい。

 

正解は、

4行目とD列が交差するセル「D4」をクリックするのです!

 

セルD4をクリックしたら、

「表示」タブ→「ウィンドウ枠の固定」→「ウィンドウ枠の固定」をクリックします。

設定できました!では、上下にも左右にもスクロールしてみて下さい。

C列までと3行目までは固定されて動きませんよね?

これだと、右端の「備考」の欄に入力するときもラクチンですね!

 

「ウィンドウ枠の固定」は、大きな表を扱うときにとても便利な機能です。

これでまたひとつ作業効率アップですね~♪

 

関連記事

ある時チームのメンバーから 「エクセルの資料、全シート印刷してもってきて」 「あ、通しのページ番号もつけてね」と依頼されました。 さて、どうしましょうか…。 複数シートに連番のページ番号を振りたい 1つのファイ[…]

関連記事

働くエクセル女子の皆さん、今日もエクセルで効率UPしていますか? エクセルで作った表を印刷したら、2枚でてきた。 あとちょっとなのに・・・そんな残念な時、ありますよね。 今回は、エクセルで2枚目にはみ出した時、1枚[…]

関連記事

Excelで表の複数範囲を別々のページに印刷したいとき、どうしますか?   例えばこんな場合です。 セミナー開催一覧表の中の、2月と4月に開催される部分を別々のシートに印刷したいのです。  […]

転職に向けてお急ぎなら

「100回聞いても怒られない」完全マンツーマンレッスン


アクアパソコン教室の

転職お急ぎOffice講座はコチラから

最新情報をチェックしよう!
スポンサードリンク